ミランダカーが鬱病告白!破局が原因でうつ病になるセレブ達

恋愛は人生のエネルギー剤。破局でうつ病になってしまうのは芸能人でも同じ事なのです。

ツイート
33views

ミランダカーと言えば

ミランダ・カー[1](Miranda Kerr、1983年4月20日[2] - )は、オーストラリア出身のファッションモデル[3]。下着ブランド「ビクトリアズ・シークレット」の特別広告塔にあたる“エンジェル”の一員としての活動が最も著名[4]。オーストラリア人初の“エンジェル”となった2008年から同ブランドのショーの仕事を継続的にこなしてきたほか、テレビや雑誌など様々な分野で活躍してきた[5]。シャネル・イマン、ドウツェン・クロース、アドリアナ・リマ等と並び立つ、著名な“ビクトリアズシークレットモデル”とされている[6]。

出典:ja.wikipedia.org

オーランドブルームとの破局をきっかけに鬱状態に陥ったミランダ

カナダ版『ELLE』誌にこう告白している。

「オーランドと別れたとき、ひどい鬱状態になってしまって。それまでの私は、鬱という病気の現実、それに鬱を患う気持ちも理解していなかったの。だって私、根っからの超ハッピーなタイプだったから。」

出典:japan.techinsight.jp

過去には「こんなことになるとは…」と語って辛い胸中を告白していた。

豪モデルのミランダ・カー(31)は、英俳優オーランド・ブルーム(37)と2007年に交際を開始。その後2010年に結婚、2011年にはオーランドにソックリの長男フリン君を出産した。しかし夫婦関係にはいつしか亀裂が入り、昨年には別居を発表している。そんなミランダが夫婦関係の破たんにふれ、「辛いわ。まさかこんなことになるとはね…」と苦しい胸中を明かした。

出典:japan.techinsight.jp

お相手のオーランドブルームは

すでにケイティベリーとお楽しみの様子です。

こんなイケメン…別れた事を一生後悔しそうです。

破局でうつ病になったスターと言えば

小室哲也さんとの破局で芸能界を去っていた華原朋美さん
懐かしい写真です。

藤原紀香さんも離婚時は鬱病寸前で苦しんだ過去が

 多忙を極めた時期は「4、5年完全無休状態」だったいう藤原は、それゆえに心を病んだときもあったと赤裸々に明かす。30代に入って結婚と離婚を経験したが、当時は毎日苦しみ、睡眠薬を服用しないと眠ることができないうつ病寸前の状態。セラピーにも通ったと振り返り、自分で選んだ人との結婚・離婚が「稚拙な選択」と自己嫌悪に陥ったそう。

出典:www.cinematoday.jp

恋愛は心のエネルギー剤。素敵な恋愛をし続けていたいですね。

素敵な恋愛も破局してしまうと一気に消沈。
悩みを乗り越えて最高の人生にしたいですね。

シェアする気になったらシェアする

つぶやく
シェア

関連するキーワードキーワードからまとめを探す