2016年12月09日更新

〇 注目の正しい入浴方法 〇

最近お風呂の正しい入り方の特集が…… 今までの入浴方法って?

ツイート
22views

危険な入浴,間違った入浴

今 各メディアで取り上げられている
正しい入浴法、間違った入浴法についての特集が

特に冬場の入浴中に起こるトラブル
そう体調に悪影響を及ぼし兼ねないと言う現実が
実際 特に冬場はヒートショックによる死亡率が増加
※もちろん冬だけに限りません
大丈夫なんて言っていられないのです

またリラックスするはずのバスタイム
逆に疲労度のアップに繋がってしまう事も

入り方1つで良くも悪くもなるのです

ヒートショック

まずは「ヒートショック」って?

温度の急激な変化によって
血圧が大きく変動等 健康被害を起こす事だ

コレによって!!
意識を失って溺れる、心筋梗塞、脳梗塞など
様々なトラブルを引き起こしてしまう

場合によっては命の危険も

外気温が低くなる冬場の入浴が最も危険
トラブル回避の為に知っておこう

暖房によってポカポカな部屋から寒い脱衣場
更に冷え切った浴室でカラダは急激な寒さを感じます

寒いからと慌ててバスタブに飛び込む
ココで急激な体温上昇が起こります

血管は過剰な温度変化に縮んだり伸びたりと
血圧の変化も目まぐるしいはず
コレでは特に高齢者の方や持病のある方や
体調不良などのある方は特に注意しなければならない

危険トラブル回避

実際に注意とは……?

【 脱衣場、浴室の温度に気を付けましょう 】
最新の設備のあるバスルームじゃない限り
お風呂用の暖房など基本ありません
現在は小型のヒーターなども販売されています
少し脱衣場等を暖かくする
※出来たら良いですね

浴室に入る前に
シャワーを出して浴室の温度を上げる
入浴する際のお湯の温度にも気を付ける
寒いからと熱すぎる湯に入らない事


間違った入浴で…

お風呂と言えば
カラダを清潔にして
リラックスする場所でもある

疲れたから!お風呂に入ろう
湯船に浸かって疲労回復しなきゃ等
美容健康と色々と考え実践出来る場所

ところが特に冬場になると
寒さも手伝い浸かる湯の温度を上げがち
そこがトラブルのポイントだ

理想とは?

41度以上の風呂に30分浸かると
体温3度アップすると言う

体内温度が上がり細胞が死滅するらしく
ある意味 熱中症と同じ状態に陥る

逆に体力を奪い
疲労の増加に繋がる

41度なら10分程度が理想だそうです

また半身浴にはダイエット効果も無いとの事
長風呂では約500mlの汗をかく
こまめな水分補給を心掛けましょう

脱水症状により体調を崩したり
血液ドロドロなんて事も……
アルコールも汗で体外へ排出されない為
飲酒後の入浴は危険です気を付けましょうね

伊織涼子

美容健康サロン【primaryIORI】

※風俗ではありません


通販サイトprimary

シェアする気になったらシェアする

つぶやく
シェア

関連するキーワードキーワードからまとめを探す