2016年11月15日更新

女性の頭髪の悩み

人それぞれ、頭髪の悩みは少なからずもっているのではないかと思います。 ただ近頃、20代や30代の女性の方でも、頭髪が薄くなってきて悩んでいるという方が増えているようです。 老化現象による頭髪が薄くなる現象を「びまん性脱毛症」と言います。

ツイート
10views

人それぞれ、頭髪の悩みは少なからずもっているのではないかと思います。

ただ近頃、20代や30代の女性の方でも、頭髪が薄くなってきて悩んでいるという方が増えているようです。

老化現象による頭髪が薄くなる現象を「びまん性脱毛症」と言います。

「びまん性」とは、原因がはっきりとしない症状が、臓器や全身に広範囲に見られる事を指します。

女性ホルモンが現象して、閉経を迎えると頭髪が薄くなってくる女性が多いのですが、それが若い人にも広がっているようなんです。

貴女は気になったことありませんか?

脱毛パターンとしては、初期が抜け毛が多くなり、症状が進むと分け目やつむじの地肌が透けて見えるくらいになります。

また、後頭部から頭頂部にかけて薄くなる場合もあるようです。



薄毛に悩む女性芸能人も多いらしくびっくりですね。



女性に限らず、男性もそのようですが、薄毛の原因としては色々あるようです。

ますは、睡眠不足やストレスですね。

睡眠不足は成長ホルモンの分泌を低下させてしまいます。

成長ホルモンは体の色んな組織の修復や回復を担い、新陳代謝を活発化させたり血行を良くして老廃物を取り除いてくれます。

睡眠不足だと成長ホルモンが正常に働かず、破損した体の組織がうまく再生、修復されないのだそうです。

なので、ストレスにさらされた体の組織を回復するためにも、睡眠はとても大事なのですね。

また、過度のダイエットでタンパク質不足になると、髪に栄養が行き届かず、栄養不足となり抜け毛の原因になります。

過度のダイエットは髪だけではなく、体の組織にもダメージを与えてしまい、病気に対し抵抗力がなくなったりするので気をつけたいですね。



喫煙している女性も多いですが、喫煙は一酸化炭素の影響で毛細血管が傷つき、血流が悪くなり抜け毛になってしまうようです。

タバコは活性酸素の影響で他の臓器の細胞も傷ついてしまいますね。

スタイリング剤やパーマ液、ブリーチ剤、カラーリングの薬剤で毛根がダメージを受け、薄げになることもあります。

また、一定の期間ピルを服用していて中止すると、ホルモンの乱れから発毛しなくなることもあるようです。



まとめ

薄毛を防ぐ方法として、シャンプーのしすぎは避ける、ドライヤーの使用、スタイリング剤の使用の仕方に注意する、

22時から2時までに睡眠をとるようにする、規則正しい食生活や生活リズムを保つ、喫煙、飲酒は控える、ストレスを発散する、

髪の毛は改善が目に見えてすぐにわかるものではないだけに、根気も必要です。

心配し過ぎるのはストレスの原因になってしまうので、慌てずゆっくり改善していきたいものです。

それでも、改善しない場合は、専門医に診てもらい適切な処置を受けましょう。



頭皮は目立つだけに気になりますよね。

少しの心がけで薄毛を防ぐことができるので、美しい髪を保つ為にも気を配りたいものです♪

シェアする気になったらシェアする

つぶやく
シェア

関連するキーワードキーワードからまとめを探す